作品

なのに、千輝くんが甘すぎる。