あらすじ

東村アキコが描く、女・上杉謙信一代記! 戦国の世を、義を貫いて駆け抜けた軍神・上杉謙信。毘沙門天の化身とされる名将中の名将は、実は、女だった―――時は享禄二年、1529年。越後の春日山城城主・長尾為景の第3子が誕生する。不甲斐ない嫡男・晴景に代わる後継ぎとして期待された赤子は、しかし女児だった。失望する為景だったが、すぐに決意を新たにする。「この子を、姫武将として育てる」「名を虎千代とする」と――強い父、やさしい母、穏やかな兄、健気な姉に囲まれ、小さな山城でお転婆に育つ虎千代。その双肩に背負う運命の重さを、未だ知るよしもなく……。東村アキコが挑む本格大河ロマン、越後の虎、女・上杉謙信の一代記がいま、始まる!! 【編集担当からのおすすめ情報】 『かくかくしかじか』で、マンガ大賞2015を受賞。『海月姫』『東京タラレバ娘』『主に泣いてます』『ママはテンパリスト』など、大ヒット作を次々と世に放ってきた漫画界の全方位打者・東村アキコの最新作にして最意欲作!!まさに“満を持して”挑むは本格大河ロマン。…しかも題材は「女・上杉謙信」!というからには、面白くないはずがありません。実際に上越市へ取材に行かれ、「謙信は本当に女だった」という確信を得たという東村さんが、のびのびと、だけど「本気で」(!!)描かれた本作、第1集はまだまだ序章、子供時代の「虎千代」こと謙信の様子が生き生きと描かれています。一体彼…もとい、彼女はどんな幼少期を過ごしたのか?そして、ライバル・武田信玄は――!?東村漫画史上最強のヒロイン・謙信の一代記、是非一緒に彼女の背中を追いかけてください!

この作品へのコメント

まだコメントがありません

コメントする

本当に読むべき戦国漫画ランキング

【日本編】おすすめ歴史漫画ランキング!