あらすじ

「へんな人と暮らしはじめた。   お父さんとお母さんが  死んだので。」 35歳、少女小説家。(亡き母の姉)15歳、女子中学生(姉の遺児)。不器用女王と子犬のような姪がおくる年の差同居譚。手さぐり暮らしの第1巻!  少女小説家の高代槙生(35)は    姉夫婦の葬式で遺児の・朝(15)が  親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。対する朝は、人見知りもなく“大人らしくない大人”・槙生との暮らしを物珍しくも素直に受け止めていく。

この作品へのコメント

まだコメントがありません

コメントする

この作品が含まれるランキング

次にくるマンガランキング2019:56pt

次にくるマンガランキング2019