あらすじ

妻はなぜ、一線を越えたのか?平賀さくら・24歳 専業主婦 あの日、私は金魚が欲しかった──。岡崎杏奈・29歳 蕎麦屋手伝い あの時、電話がかかってこなければ──。保ヶ辺朔子・27歳 夫以外に男は知らない──。河北真冬・23歳 息子を授かったのは15の冬でした──。

この作品へのコメント

まだコメントがありません

コメントする