親愛なる僕へ殺意をこめて

親愛なる僕へ殺意をこめて

井龍 一

本棚に追加

あらすじ

”僕”の身に起きた“小さな異変”。それは“大きな絶望”の始まりだった。

この作品へのコメント

まだコメントがありません

コメントする